シンポジウムでパネラーのお話をご覧ください!

9月9日に行われました『こども医療シンポジウム』での動画です。

患者の家族であるパネラーの切実な訴えです。

 

通院が困難であるということは理解できても
通えないないという現実は、経験しているものにしかわからないと思います。

実際に命がけで通院しているものがいること、新都心では命の危険があることを知って欲しい。

是非、こちらを県や市の方にもご覧になって一緒に考えて頂きたいです。

 

子どもの療育にも環境的にも整っている現在地での存続を切に願います!!