藤田より

みなさま暑さが厳しい毎日ですがいかがお過ごしですか?

うちの三男は予防接種からの高熱→発疹。

原因不明のまま1週間以上寝込んでいたこともありましたが、

その後の追加接種では問題も起きず現在は元気に過ごしております。

 

ところで、全く関係のないところの方がこの移転問題を知り

ご自身のブログの記事にしてくださいました。

抜粋して紹介させてください。

とてもいいことが書いてありました。

  ↓↓↓

は あ と

2012年06月24日(日) 22時51分14秒 
テーマ:

終わらない歌を歌おう クソッタレの世界のため

 終わらない歌を歌おう 全てのクズ共のために

 終わらない歌を歌おう 僕や君や彼等のため

 終わらない歌を歌おう 明日には笑えるように


 世の中に冷たくされて 一人ぼっちで泣いた夜

 もうだめだと思うことは 今まで何度でもあった

 真実(ほんと)の瞬間はいつも 死ぬ程こわいものだから

 逃げだしたくなったことは 今まで何度でもあった


 終わらない歌を歌おう クソッタレの世界のため

 終わらない歌を歌おう 全てのクズ共のために

 終わらない歌を歌おう 僕や君や彼等のため

 終わらない歌を歌おう 明日には笑えるように

終わらない歌/THE BLUE HEARTS

作詞 : 真島昌利 作曲 : 真島昌利

ラジオ「ヤンキー先生!義家弘介の夢は逃げていかない」

(2005年10月9日 - 2009年3月29日 ニッポン放送)テーマ曲




先日、NHKの震災のドキュメントで

埼玉県の廃校にある全国で最後の一次避難所で暮らす人たちを追った

ものが放送されていました。


ここには、福島県双葉町の1400人の町民と町役場が一緒に避難をし

校長室には町長の方が、そして各教室には今も

約200人の方が暮らされています。


うーん・・

観させて頂く事しか出来ず、毎回そうなんですが

本当に何も言えなくなります・・


がんばってほしい ・・としか


そして自分も がんばろう ・・と。


この気持ちを言葉で、

文字で表現するのは難しいですが


貰うばかりで申し訳ないですけど...


勇気・・ 頂いてます。



今回は何も書かないつもりの記事だったのですが

少しだけ書かせて頂きます。


私が読者にならせて頂いている方で

大切なお子さんの為に闘われている方がおられます・・



埼玉県立小児医療センター存続を求める家族の会 】 HP より


『 「さいたま新都心8-1A街区」に「さいたま赤十字病院」と

 「小児医療センター」の2病院が移転すると発表されました。

 2013年度までに着工し、2015年度までの完成を目指しているそうです。

 

 「さいたま新都心8-1A街区」は、

 2006年に「第二東京タワー(現:東京スカイツリー)」の誘致失敗後、

 県内最高層となる超高層複合ビルの建設が決まっていましたが、

 建設主体の三菱地所などが

 2010年夏に経済情勢の悪化を理由に撤退しました。


 小児医療センターは特別な病院です。
 渋滞するとわかっている地区へどのように救急車が入っていけるか?
 車椅子や酸素ボンベなどの

 医療機器を持っている子はどのように通えるのだろうか?
 

 駐車場は現在でも不足しているのに

 現在地の面積が七・二五ヘクタールですが

 移転先は二・四ヘクタールしかない。
 特別支援学校の併設を含めて現在の機能が確保できるもかも不安です。


 そういった問題点からも私たちは移転を反対をしています。』

 

 

少し話しは変わりますが、

私の地元、長野県で最近こんなことがありました・・


ある市の新庁舎建設にともない新設される市道予定地。


しかしそこには樹齢200年のクロマツが生きていました。


想い出の残るこの木を残したいと訴える地元の方達...


切るのか・・ 残すのか・・


元々は夫婦の木?で二本あったのですが、

一本はすでに切られていました。


これは日曜の昼に放送されている

「 噂の東京マガジン 」(TBS)でも取り上げられたのですが

クロマツを避けて市道を建設するには1000万円以上かかるとの理由で

結局、クロマツは伐採が決定してしまいました。


この記事に同じく書いていい話なのか分からないのですけど、

やはり悲しいものがありますね・・。



 

~ この世界のどこかにいるあなたへ ~
photo by feel



お互いの意見を冷静に聞く必要はあると思うのですが、でも・・


例えば先ほどのクロマツにしても

それが無くなると考えた時に、悲しく思う人がいるということを

なぜ考えられないのか・・。


とりあえず(計画を)進めてしまえばいい。


木なんか無くなったっていい。


鳥なんかいなくたって困らない。


犬や猫は所詮動物だから

殺したって構わない。


細い道だけど時間がないから急がなきゃ。


飲酒してるけど近くだし運転しても構わないだろう。


こんな小さなもの一本くらい・・ とタバコのポイ捨て。


ちょっとズレてきたのでこの辺で 汗


でも...


あまりにも身勝手すぎる・・。


そこにどれだけの犠牲があるのか・・。



所詮・・


男性に生まれた以上
女性のことを100%理解するなんて不可能。


女性に生まれた以上
男性のことを100%理解するなんて不可能。

 

自分以外の目から世界を見ることなんて
不可能・・。


自分が実際にその立場に立たされなきゃ

分からないものが沢山ある...

 

けれど・・

 

伝えることは出来る

 

理解しようとすることは出来る



何よりも第一に相手の立場に立ってみること


これは経験も必要なのでしょうけど


赤ちゃんじゃないんだから

ヒトとして最低限は自然と出来なきゃ(想えなきゃ)

おかしいと思うのですが・・。

 


また、頭が悪いので表現が難しいのですけど・・
今現在、まさにその場に立たされている方の声に対して
反対意見も何もないと思うのです。
その方の声こそがほぼすべて真実・・。


どう考えても無理なものも

本当にやむを得ないものもあるのでしょうけれど

うーん・・ 可能な限りギリギリまで

寄り添ってあげてほしいと思いますね・・。



移転のお話しだったのですが

独り言に近い、ほぼグチになってしまい...

自分の色々な想いまで書いてしまいすみません。

もっとうまく書きたかったのですが、文才がなく申し訳ないです。

載せようかどうか悩んだのですが

私の話しはその辺に置いておいて頂いて・・ 汗


お1人にでも、こうした現状があること、
そして必死に闘われている方がいるということ、
知って頂ければと思い載せさせて頂きました。


勝手にリンクを貼らさせて頂き大変申し訳ないのですけど
問題がありましたらお知らせくださいm(_ _)m


失礼がありましたら申し訳ありません。


自分にはこのくらいしか出来なく・・
見守らせて頂くことしか出来ませんが
頑張ってください!






――― heart...


こんな風に心を疲れさせないと伝えられない、

それでも、伝わらない・・ そんな世の中に腹が立ちますが・・。


ヒトは...


まだしばらくは闘うことも必要なのかもしれません・・。


深く考えないモノに振り回されたり・・


勝手に決めつけるモノがいたり・・


仲間外れにされないように

一人にならないように気を使ったり・・


自分の利益しか考えられないモノがいたり・・


必死に生きないと生きられないモノがいたり・・


好き放題に生きられるモノがいたり・・


本当に守らなければならないモノとは.....



偏見や・・ 差別・・


いじめなどに苦しまれている方


どうか負けないでください


自分の築いてきたものに


誇りを持ってください


いつか・・


すべてのヒトのココロが丸くなり


" 自然と " 互いを包めるようになることを


願います・・・・・




~ この世界のどこかにいるあなたへ ~
photo by feel




" 世界を怖るるな


 ただ自己を怖れよ


 四面楚歌の声の中にあっても


 屈せざるがこれ男子の本懐(ほんかい)である


 自ら信じて行なえば


 天下一人といえども強い


 正義が常に念頭にあるからである " 杉浦重剛


1855年4月19日 - 1924年2月13日

日本 - 滋賀県 教育者、思想家

 


※ 【 ど じ ょ う



・・情熱の


真っ赤な薔薇を


胸に咲かせよう


花瓶に水を


あげましょう


心のずっと


奥の方・・・・・