井上わたる県議のブログより

井上わたるの和光ブログ

和光市選出の埼玉県議会議員。埼玉県政や和光市のことをわかりやすく伝えます。

2012.03.09
こんにちは。

今日は、県議会では常任委員会です。


私にとっては
「福祉保健医療 常任委員会」の初日でした。

今日は福祉部の議案・来年度予算、
及び 行政報告を受けました。


今回審議している主な議案の一覧は、


第28号

埼玉県立嵐山郷条例等の一部を改正する条例

児童福祉法等の一部改正に伴い、埼玉県立嵐山郷を福祉型障害児入所施設等にするとともに、規定の整備をするための改正


第29号

埼玉県介護保険財政安定化基金条例の一部を改正する条例

介護保険法の一部改正に伴い、埼玉県介護保険財政安定化基金の処分に係る特例を定めるための改正

 

第30号

執行機関の附属機関に関する条例の一部を改正する条例

児童福祉法等の一部改正に伴い、同法に規定する審査請求の事件を取り扱う審査会を設置等するための改正

 

第31号

埼玉県認定こども園の認定の基準に関する条例の一部を改正する条例

就学前の子どもに関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律の一部改正に伴い、


第59号

平成23年度埼玉県一般会計補正予算(第5号)



そして、
 
平成24年度 埼玉県一般会計予算


です。



また、週明け、月曜日には
保健医療部病院局に関する質疑を行います。



さて、今回、私が審議する中には
小児医療センターの移転に関わる議題があります。

今のセンターの利用者や患者のご家族から
移転に関する切実な想いを
メールでいただいております。


いただいた皆様に個別に
お返事を申し上げたいと思っているのですが、
次の委員会までには間に合わないと思いますので
どうぞご了承ください。


全て目を通しておりますし、
私もこれまで気付けなかった点についても
ご家族の立場でお話しいただき、
非常に重要なご意見と考えております。


私の住む和光市を含む県南部地域でも、
二次小児救急の継続の問題が出ています。

(※志木市民病院や練馬光が丘病院の問題)


県内の二次救急、三次救急、
そして、慢性的に治療・通院が必要な方のための医療・・・

子供たちの命を守るためには、
その充実と、その連携が大切だと思っています。


但し、費用や様々な課題が絡む中で
方向性を示していく必要がありますので、
そのこともしっかり検討に加わえなければならないと
思っています。

週末は、その準備をしながら、
様々な予定に向き合っていこうと思います。