東京新聞より 21年2月21日

【埼玉】

現在地に一部存続 県立小児医療センター移転

 さいたま新都心(さいたま市中央区)への移転計画が進む県立小児医療センター(同市岩槻区)について、県が、同センターの医療機能の一部を現在地に残す方向で検討を始めることが分かった。慢性疾患を抱えた通院患者らへの対応を想定している。上田清司知事が、二十日の県議会二月定例会で明らかにした。(杉本慶一)

 知事は昨年十二月の県議会で、センターの機能存続を求める一般質問に対し「高度で専門の病院機能を切り離すことは困難」と答弁していた。だが患者の家族が移転への反発を強めており、知事は急きょ方針を転換した。

 県病院局は、現在地に残す医療機能として、呼吸器などの慢性疾患を抱える障害児ら通院患者への対応を想定。今後、患者の家族やさいたま市などの関係自治体から意見を聞く。同局は「入院中や手術が必要な患者は、新都心の新病院での対応が必要」としている。

 また、現在地に残す機能を提供する建物として、現在の「保健発達棟」の利用を検討する。同センターの病棟などは耐震改修が必要だが、同棟の耐震性は問題ないという。

 移転計画をめぐっては昨年九月、同センターの周辺住民ら約四万五千人が現在地での医療機能存続を求める請願書を県議会に出している。同センターに近い蓮田市の中野和信市長は今月一日、同趣旨の要望書を知事に提出した。