患者家族説明会

昨日は本当にお疲れ様でした!代表の藤田です。

時間切れで発言できない方もいらっしゃったと思います。とても残念に思います。

たぶんそれは納得のいく回答が全く出されなかったということが理由でもあったと思うんです。でなければあんなに野次は飛ばなかったし、もっと効率よく質疑応答ができたのではと思いました。新病院への提案・要望にしか回答がなく私たちの気持ちや思いには全く触れず「ご理解ください」「検討します」と同じ答えばかりでした。事前に用意した質問事項も肝心な患者家族の気持ちに触れた項目には残念ながら答えはなかったです。あれでは説明会・患者家族の意見を聞く場ではなくただの報告会です!「なぜ新都心が問題なのか?」ということを理解しようともしない。そこが一番の問題だと思いました。

 

いつも犠牲になるのは弱者です。子供たちを守れるのは私たち家族だけです。

何ができるのかわからないですが、思いつくこと今はとにかくやるしかないと感じました。

家族会でも署名のほかに何ができるのかもう一度皆さんで考えてみませんか?

お問い合わせから皆さんのご意見頂戴できたらと思います。

 

私、個人の意見としましては・・・

県民の声を唯一形にして届けられるのは県民の代表の県議員です。議会で承認されてしまったらどんどん計画が進んでしまい、白紙に戻すことはもちろんできなくなりますから県議にどんどん働きかけていく必要があると感じます。それには家族会のみなさんのお力が、地域の動き・市民の声が大切になってきます。

「遠くなるから、通いづらくなるから反対してる」と思っている人たちに何故問題なのか、今でも電車で通院し新都心に移転すれば近くなる人も反対していること、さいたま市の人も反対しているというのは何故か?そこをもっとうまく届けられるような活動をしていきたいと思います。

 

会で提出した質問事項への回答はただ今製作中です。

今しばらくお待ちください。