11日説明会で提出する質問事項

家族会でのお話しや意見、掲示板やメッセージで寄せられた皆さんからの声を元に、11日の説明会で皆さんのお気持ちを一人でも多く届けるために本日以下にまとめた質問事項を病院へ提出します。

当日は県からの回答を待ってそれを踏まえて質問や意見交換ができたらと思います。また当日はお時間のある方は説明会終了後、家族会の顔合わせも兼ねて院内のスペースで少しお話しできませんか?1階発達棟受付前あたりで出来たらと考えています。是非ご参加ください。   

                              代表 藤田けい子

 

①駐車場は何台用意し、料金は?
現在よりも障害者スペースを増やして欲しい。また従来よりも間隔を広く取りベビーカーでの乗せ降ろしがしやすくして欲しい。また午前10時の段階で駐車場がいっぱいで路上駐車している車を多々見かけます。複数の受診を兼ね1日がかりで診察する人が多い中、駐車場がすぐ空くとは限らず現在地の駐車場より駐車台数が少なくなることは、考えられない。駐車場待ちでの渋滞が想像以上に心配です。認証システムを考えると前回お話があったが予算には組み込まれているのか?またその見積もりなどは出てるのか?初診患者や緊急で来院車はどのように識別するか?具体的にどのような認証システムをお考えか教えて欲しい。 

 

②エレベーターの設置台数とその規模は?
災害時のエレベーター内での医療行為対策は?(酸素や吸引など)

 

③廊下・トイレ・授乳室の広さは?
各階の障害者用トイレ・授乳室の設置を約束してください。廊下もリハビリにも使用しますので車椅子の往来が十分に出来る導線確保を望みます。

 

④高層化になるとのことですが避難誘導はどのように考えられているのか?

 

⑤駅のバリアフリー化や渋滞緩和(救急車優先道路)などの具体的なプランは?
現在設置されているエレベーターでは1台しか乗れません。ラッシュ時などは相当時間がかかってしまいます。救急車の搬送に時間がかかってしまうのは救える命も救えなくなるということです。渋滞緩和対策を是非聞かせてください。初診患者や緊急で来院車はどのように識別するか?具体的にどのような認証システムか教えて欲しい。 

 

⑥前回の説明会では岩槻支援学校に関しては今よりも良いものを作ると明言しましたが校庭はどうなるのでしょうか?校庭で自然に触れ美味し空気を吸うことも彼らにとってはよい刺激になるのです。移転してしまったら空気も景色も悪くなる上に校庭もないなんて酷いと思います。

 

⑦実際に建て替えをしながら運営している病院があるのになぜ移転しなければならないのか?
地盤が緩いので建て替えは難しいとの回答が前回ありましたが、専門家によるとさいたま市には今の日本の技術で建てられない地盤の地区はないうえに、居ながらの建て替えも無騒音・無振動で現在の技術では可能ということですし、近隣の田畑を買い上げたりがんセンター跡地への移転なら土地代がかかりません。安く済むし何も問題がないと思います。

 

⑧東部地区の医療は今後体制が変わり現在よりもむしろ充実すると発言がありましたが、病院に問い合わせると全く違う答えが返ってきました。急にはベット数は増えないし365日の受け入れもまだ難しい。24時間対応できるのは2次救急までとのこと。やはり3次は今まで通り小児医療センターへ送るということです。しかし小児医療センターが移転すれば今まで20分で搬送できたところが倍以上はかかるので心配だとの声もありました。また外科もないそうです。この現実についてはどのようにお考えですか?

 

⑨規模が縮小されればアセスメント外来などの特殊な科がなくなってしまうのでは?軽度の子は通えなくなるのでは?という不安の声が上がっています。外来が減ったり枠が減ったりはということはないのでしょうか?

 

⑩移転してしまった場合、医師や看護師さんの中には退職を決意されている方も多いと聞きました。医師や看護師の確保(確認)はきちんとされているのでしょうか?また医師や看護師はこの移転問題についてどのように考えてらっしゃるのでしょうか?現場の声をきちんと聞いて慎重に計画を進めて欲しいです。

 

⑪新都心移転は土地だけで100億との言われていますが、建て替えやがんセンター跡地での建設ではこの100億でも事足ります。建物の建設費では250~300億という税金が使われるとのことですがこの費用を他の福祉に役立てられないものでしょうか?税金の無駄使いなのではないでしょうか?

 

⑫周産期医療に力を入れるのはとても良いことだと思いますが、東部地区の子供たち入院通院している子供たちの命の危険まで冒してまで計画をなぜ進めなくてはならないのでしょうか?

 

⑬普通の子供病院が移転するのでなく重篤な患者、重度障害児の病院であるということを県はなぜもっと調査・理解しようとしないのでしょうか?現状を少しでもご存知ならばればこの計画がとても危険で無謀なものと知ることができます。駅からの利便性を喜ぶ人はこの病院へ定期的に通う方の中にはほとんどいらっしゃらないと思います。身体が不自由でなくても人混みでパニックや多動があり電車では通院できないるお子さんも多いのです。

 

⑭通院も命がけ、急変した時のために1分1秒でも早く病院へ連れて行きたいと近くに引越してこられた方が大勢います。新都心の渋滞はとても深刻です。これから生まれてくるハイリスクを抱えた赤ちゃんの命も大切です。でも今ある命も大切にしてほしいです。病院はいつくあっても良いのではないのでしょうか?現在地または近隣への存続を希望します。

 

⑮移転予定地の近くには大きな電波塔があると聞きました。ペースメーカーや医療機器への影響を心配されているお母さんもいらっしゃいます。問題ないのでしょうか?携帯電話も制限される場所もあるのに大きな電波塔による障害がないわけない!と不安です。

 

⑯雨風の強い日に電車で新都心まで行かれたお母さんが、ビル風がとても強くびしょ濡れになったそうです。歩行がゆっくりなお子さん、車いすの方はどう移動すればよいのでしょうか?やはり車での移動がしやすい場所への移転が好ましいと思います。

 

⑰商業施設のある場所に特殊な病院を建てることが事態が間違っているのではないでしょうか?生死を彷徨う大手術を行う横で楽しそうにしている人たち、入院患者の目にも窓から外の楽しそうな様子が見えてしまいます。患者や家族はどのように感じるのでしょうか?まだ障害を受け入れきれない産後間もないお母さんが、一生懸命に絞った母乳を持ってあの中を通わないといけないのは精神的に参ってしまうと思います。支援学校へ通うお子さんもあのラッシュの中は危険だと思います。退院後が一番外来が続きます。体調を気にかけなければいけない状況での空気の悪い混雑する場を通過しなければならないというのは不適切だと感じます。

                              以上

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    久保みき (日曜日, 12 2月 2012 17:55)

    11日はお疲れ様でした。
    さいたま市議会議員の久保みきです。
    質問内容、読ませていただきまして胸が詰まる思いです。
    小児医療センターは特別な病院で、現在地からの移動は、無謀であると感じております。患者さんの実態を少しでも知っていればこのようなことをしようとは思わないでしょう。
    2月15日、10時50分からの予定で代表質問に立ち、この問題を取り上げます。
    決してあきらめない!ご一緒に力を合わせていきたいと強く思っています。

  • #2

    ゆーかママ (月曜日, 13 2月 2012 17:37)

    病院の移転が発表されてから、
    久保みき様の活動をブログ等で拝見しておりました。
    お力添えをください。
    よろしくお願いいたします。